2020年 7月号 no.231

石6 月半ば、テレビで初夏恒例の兼六園での梅の実の収穫が行われており、多 くの福祉関 係事業所に充てられると報じられていました。 「 待 っ て ま し た!」 …毎年この日 、兼六園管理事務所から電話がきて、ご利用者 も一緒に収穫 したての 梅をいただきに行き梅干しや梅ジュースなど、みんなで作るのが初夏の一大イベントなのです。 2 日後、梅雨晴れの日「梅干しづくりは初めてやわ~」という若い職員から「 父ちゃんや息子の弁当に毎日入れ たわ。蓋が塩気で穴あいたこともあってね~」という 9 2 歳のご利用者まで、いろいろな話で盛 り上が り漬け込 み作業はあっという間に終了しました。でき上がりが楽しみですね。

お便りのダウンロードはこちらから